WordPressブログにGoogleアドセンスを貼る方法やおすすめ位置について

2020.12.21

個人ブログで広告収入を得たいと考えている方なら、誰もが通る道として知られている「Googleアドセンス」

個人ブログを設立してから実際にいくつか記事を更新し、様々なWordPressの設定を経て…ようやくGoogleアドセンスの審査に合格した時の喜びはなんとも表現し難いものですよね。

しかし、早速「Googleアドセンス広告を貼ってみよう!」と思っても、「どうやって貼ったらいいのか分からない…」という方が多いのではないでしょうか。

今回はWordPressブログにGoogleアドセンスを貼る方法や、ネット上でもおすすめされている広告を貼る位置について紹介していきます。

Googleアドセンスの種類について

2020年12月現在で使用できるアドセンス広告の種類は5種類です。
※以前までは「リンク広告」というものがありましたが、現在では廃止されています。

・ディスプレイ広告
・インフィード広告
・記事内広告
・関連コンテンツ
・検索エンジン

広告の種類は常に変化していく可能性がありますので、情報収集の際には注意しましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はGoogleが推奨する最もオーソドックスな広告となっていて、表示タイプを「スクエア、横長タイプ、縦長タイプ」と選択することができます。

サイズはレスポンシブ(自動調整)と固定(手動)が選べますが、基本的にはレスポンシブ一択で問題ありません。

スクエアは臨機応変に利用でき、横長タイプは記事内やヘッダー、縦長タイプはサイドバーで使用している印象ですね。

ネイティブ広告

「インフィード広告、記事内広告、関連コンテンツ」の3種類はネイティブ広告と言い、サイトに広告を自然と溶け込ませるようなデザインとなっているのが特徴です。

インフィード広告はブログ内の記事一覧の中に、記事内広告は記事内容の段落の間に、関連コンテンツは記事下に表示される関連記事一覧に表示されます。

・注意!最初から全ての広告が使えるわけではない

「関連コンテンツ」に関しては、Googleアドセンスの審査に受かったばかりの時点では広告ユニット内に表示されていない可能性がありますが、サイト内の記事数が増加することで表示されるようです。

あくまで目安ではありますが、記事数が100〜200記事を越えたあたりから自然と表示されていたという方や、「PV数が増えたら追加されていた」という方が多くなっていますね。

検索エンジン

検索エンジンというのは、サイトに貼った検索エンジンから検索されたターゲット広告がクリックされると収益が発生するというものです。

「関連コンテンツ」同様、Googleアドセンスを始めたばかりの時は表示されていませんが、ブログの成長と共に自然と表示されるようになります。

特殊な広告ユニットなので収益には繋がりにくいかもしれませんが、使えるようになった際には記事下などに貼っておいてもいいかもしれません。

初心者には「自動広告」がおすすめ!貼り方について

引用:https://pixabay.com/ja/

上記で紹介した広告は自ら場所を指定して貼り付けることが可能ですが、初心者にとってはどのタイプをどこに貼るべきか悩んでしまいますよね。

そんな時は形や場所を全てGoogleが自動で配置してくれる「自動広告」がとても便利です。

「とりあえず貼ってみたい!」と思っている方は使ってみてください。

自動広告の貼り方

では、実際に自動広告をブログに貼ってみましょう。

1.Googleアドセンスのログインページから「広告」を開き、「サイトごと、広告ユニットごと、全般設定」という一覧の「サイトごと」を選択します。

すると広告掲載の自動化というページに、「コードを取得」という項目があるのでクリックしてください。

クリックした先のコードをコピーしたら、今度はWordPressのPHPファイルにコードを貼ります。

2.WordPressのログインページを開き、外観からテーマエディターを選択します。

すると右側テーマファイルの項目に「テーマヘッダー」があるので開いてみましょう。

3.この中にというコードが確認できるので、先程Googleアドセンスでコピーしたコードをの直前にペーストすれば完了です。

反映されるまでには30分〜1時間ほど時間がかかりますので、時間をおいてからサイトを確認してみてください。

Google広告の場所を指定して貼る場合

引用:https://pixabay.com/ja/

自動広告とは別に、任意の場所に広告を表示させたい場合も紹介します。

今回はサイドバー上部に、ディスプレイ広告を貼る手順で説明していきますね。

1.Googleアドセンスのログインページから「広告」を開き、一覧から「広告ユニットごと」を選択し、ユニットから「ディスプレイ広告」を選択します。

広告ユニットの名前は自分が分かればいいので、今回は分かりやすく「サイドバー上部」にします。

サイドバーでは縦長タイプが使われやすいですが、あまり目立たせたくないのであればスクエアが無難なのでおすすめです。

名前と形が決まったら、広告サイズはレスポンシブのまま作成をクリックします。

2.自動広告のときと同様に、コードが表示されるのでコピーしましょう。

再度コードをコピーしたい場合には、「広告ユニットごと」の一覧下に「既存の広告ユニット」として作成した広告が表示されているので、<>から「コードを取得」をクリックすればいつでもコピーができます。

3.WordPressのログインページを開き、外観からウィジェットを選択します。

今回はサイドバー上部に広告を貼りたいので、「カスタムHTML」を選択し、サイドバーにウィジェットを追加します。

もしサイドバーに他のウィジェットが追加されている場合は、追加した「カスタムHTML」を一番上に持ってくるようにしましょう。

4.カスタムHTMLに先程コピーしたコードを貼り付ければ完了となります。

コピーした後は必ず保存を押すのを忘れないようにしましょう。

Google広告を貼るおすすめの場所とは?

引用:https://pixabay.com/ja/

Google広告はたくさん貼ればいいというわけではなく、クリックしてもらえないような場所に配置しても意味はないですよね。

とくに記事中に貼る場合は、記事の内容を読みたがっているユーザーにとって広告が邪魔に感じてしまうケースもあり、結果的に離脱率が高まってしまう可能性があるんです。

では検索ユーザーにクリックしてもらいやすい場所はどこになるのか?

ネット上でもとくに多くおすすめされている位置について紹介していきます。

記事の目次上

Googleアドセンス広告の配置場所の中でも「鉄板」と言われているのが、目次上に配置する広告です。

記事中に広告を入れる場所の中で最も邪魔になりにくいため、妥当な配置場所とされているようですね。

しかし、記事を書くたびに毎回広告を貼り付けるのは大変なので、多くの方は目次上に広告を表示させるPHPコードを設定しています。

ネット上で「広告 目次上」というように検索してみると、貼り方について様々な方法が出てくるのでご参考ください。

記事下

ユーザーの邪魔にならない配置場所として、記事下は理想的な狙い目となっています。

記事を読んで悩みが解決した後、記事下に興味のある広告が表示されていたからついクリックしてしまったというケースからクリック率が高くなりやすいようですね。

関連コンテンツ

記事下からさらにクリック率を高められる場所となるのが関連コンテンツ広告です。

記事下広告がスルーされても、その下にある関連記事を読んでみたいと思うユーザーに対して効果的な広告と言えますね。

関連コンテンツ広告使えるようになるにはある程度記事数を増やす必要がありますが、使えるようになったら設置をおすすめします。

長い記事なら記事中

3000文字〜5000文字くらいのボリュームがある記事であれば、記事中に広告を挟んでみてもいいかもしれません。

文字ばかりが続いていても離脱に繋がることがあるので、視覚的なワンクッションとして配置するといいでしょう。

補足:絶対に配置しない方がいい場所

引用:https://pixabay.com/ja/

Google広告は「ファーストビューには絶対に配置しない方がいい」と言われています。

サイトを開いてすぐトップに表示される広告のことですね。

クリック率は案外悪くないのですが、調査によるとファーストビューの広告を不快に感じるユーザーの割合は30%とかなり高めです。

戦略として不快にならないよう配置しているのであれば違ってくるのかもしれませんが、トップにいきなり広告が入っていたら確かに気分は良くないでしょう。

自動広告を使う際にはファーストビューの広告は削除した方がいい

自動広告は非常に便利ではありますが、ファーストビューにも大きく広告が貼られてしまいます。

その場合、自動広告のページ下にある鉛筆マークから広告編集を行うことが可能です。
※サイトが表示されない場合には、ページを再読込することで解決できます。

自動広告が適応された場合の配置が確認できるので、表示したくない広告はゴミ箱ボタンを押して削除しましょう。

その後右下の「サイトに適応」をクリックすれば、1時間ほどで反映されます。

他にも表示したくない場所は任意に削除することができるので、自動広告と任意設定を組み合わせて自分好みに設定してみてください。

まとめ

引用:https://pixabay.com/ja/

今回は、WordPressブログにGoogleアドセンスを貼る方法や、ネット上でもおすすめされている広告を貼る位置について紹介してきました。

慣れないうちはどのように広告を貼ったらいいのか分からず困惑してしまうかもしれませんが、本記事で紹介した点を押さえながら分析してみれば、少しずつ自分のサイトに合った広告の表示方法が見えてくるでしょう。

Googleアドセンスの設定に悩んでいた方はぜひご参考ください。

※無料で登録できます。

>>サイト売買コンサルタントに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。