アフィリエイト記事を外注しよう!自動で稼ぐ仕組みづくりを解説!

2021.02.17

「アフィリエイト記事を外注化すると収益を自動化できると聞いた」
「これからアフィリエイトをしたいけど、誰かにお願いしたい」
「複数サイトの記事を全て自分で更新するのが大変になった」

このような疑問や悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。アフィリエイト記事を外注化すると、さまざまなメリットがあります。その反面、注意点やデメリットも存在します。

そこで、この記事ではアフィリエイト記事の外注化について、わかりやすく解説します。

アフィリエイト記事を外注すべき理由

アフィリエイト記事とは、アフィリエイトサイトに掲載する記事のことです。記事を増やして、商品やサービスを紹介しながら収益を獲得することが目的となります。

特に複数サイトを運営している人、これから新たなサイトを立ち上げたい人は、アフィリエイト記事は外注化したいところです。

その理由は、既存サイトのメンテナンスや新規記事の更新、複数サイトの運営をひとりで行うには限界があるからです。

運営サイト数に関わらず、サイトの運営が軌道に乗れば「お金」は増えていきます。しかしながら、ひとりで全ての工程を行うと、「時間」は増えません。逆に自由な時間が減る可能性もあるでしょう。「作業をストップしたら収入がなくなる」という強迫観念さえ生まれるかもしれません。

そこで外注を依頼することにより、時間や精神面でも余裕が生まれていきます。

アフィリエイト記事を外注化するメリット

ここからは、アフィリエイト記事を外注化するメリットを2つ、ご説明します。

既存サイトの運営に集中できる

アフィリエイトサイトやブログの運営では、すべきことが山ほどあります。最新情報のチェック、SEOに関する分析など、やろうと思うといろんな作業がでてきます。記事制作だけでも、キーワード選定や競合サイトチェック、構成づくり、執筆、入稿作業などいくつもの工程があります。

それらの工程の全て、もしくは一部を外注化できれば、自分はSEO分析、集客施策、記事テーマの企画などに集中できます。それまで満足な時間を確保できなかった人でも、注力したい工程に集中できることが外注化のメリットです。

自分ができないことを依頼できる

誰しも得意なことと苦手なことがあります。アフィリエイト記事においても、「文章を書くのは好きだけど、画像デザインは苦手」「興味を惹くキャッチ(タイトル)が思いつかない」など得意不得意があるでしょう。

苦手な分野の外注化により、コンテンツのクオリティを高めることが可能です。デザインが苦手ならばデザイナー、文章を書くのが苦手ならばライターに外注すると自分が苦手なものがスムーズに仕上がります。

自分が苦手な工程を外注すれば、自由な時間が増えて趣味やアフィリエイト以外のビジネスに取り組むこともできるでしょう。最終的にアフィリエイトの収入を自動化して、時間の有効活用ができるようになります。

アフィリエイト記事の外注化で知っておきたいことやデメリット

アフィリエイト記事の外注化を検討する際は、以下のことに注意してください。

当然ながら費用がかかる

当然ですがアフィリエイト記事の外注化は、費用がかかります。たとえば、ライターに外注すると1文字数円程度のコストが必要です。3000文字の記事を依頼するにも、1記事あたり3000円から6000円程度の費用がかかります。

どれだけの記事数、文字数を依頼したいのか、また予算をどれだけ割けるのか、収支のバランスをみておくことが大事です。

採用するときの人材の見極めが難しい

外注化で難しいのは、依頼する人材の見極めです。費用をかけて外注するわけですから、一定のクオリティを求めるのは当然のことです。しかし、「採用したが質の低い記事があがってきた」ということも珍しくありません。

ですから、応募者にテストを課して能力を判断するなど、採用時の工夫も必要でしょう。

ライターなど外注スタッフの育成や管理の手間がかかる

外注スタッフを採用したら、自分の仕事は終わりではありません。それらのスタッフの育成や管理も必要です。はじめからずば抜けた能力をもつ人も少ないため、業務をこなして慣れてもらうことがポイントです。

また、一定以上の能力のあるスタッフに育っても、記事制作の進捗などを管理しなければなりません。「外注化=自分は何もしない」ではないため、注意が必要です。

アフィリエイト初心者や運営サイトが1つのときは外注しない

とても重要なことですが、「楽(らく)をして稼ぎたい」というマインドで外注化をすると失敗します。たとえば、「多少の外注費用があるから、アフィリエイトサイトをイチからお願いしよう」とするとほとんどの場合で失敗するでしょう。

なぜなら、自らに能力がないと外注スタッフを管理できないからです。サイト運営に関する幅広い知識がないと、集客(アクセス)ができず売上もたちません。

よって、サイト運営初心者は、色んなことを自分で学び、実践してスキルや知識を身につけることが先決です。経験を積んでSEOに関する知識や記事の書き方を身につけて、自分なりの方向性が定まってからの外注化をおすすめします。
なお、運営サイトが1つしかない場合も同様です。まずは既存サイトで満足な収益が得られるようになってから外注してください。

外注化の前にやるべきこと

アフィリエイト記事の外注化をする前に、以下の2点を準備をしておきましょう。

自分がすべきことを明確にする

前述のようにアフィリエイト記事の制作にたくさんの工程があります。リサーチ、キーワード選定、テーマ決め、ライバルチェック、画像、内部リンク設置、記事執筆…。

そのなかで、自分がすべきことを明確にすることが大事です。たとえば、「自分しかできなくて(自分が得意)時間がかからないもの」は自らすべきでしょう。

外注の内容を明確にする

外注する作業は、基本的に「誰でもできること」です。そこにフォーカスして作業を洗い出してみましょう。多くの場合で記事執筆はライターにお願いすることになると思います。

記事を外注ライターに依頼するときは、以下を明確にしてください。

・記事数(依頼本数)
・文字数(1記事あたり)
・納期
・報酬(文字単価なのか記事単価なのか)

以上は自分が用意できる予算によって検討します。また、報酬面はトラブルになりやすいため、クラウドソーシングのプラットフォームを使ってやり取りするなども考えてください。

直接取り引きをする際は、契約書を取り交わして両者が合意してから依頼をしましょう。

アフィリエイト記事を外注する方法

アフィリエイト記事を外注するには、以下の3つの方法でスタッフを募集してみてください。

ちなみに、ライターを募集するときは多くても3名程度がいいでしょう。これは管理や育成の手間を考えた人数です。理想は1人のライターと長期間付き合っていくことです。そのほうが、お互いの管理コストが削減できます。

クラウドソーシングで募集

外注スタッフを募集する際に、最も手軽なのはクラウドソーシングの活用です。ランサーズやクラウドワークスが有名なサービスといえるでしょう。

クラウドソーシングの利用は無料で行えるため、登録しておいて損はありません。会員登録後に、スタッフの募集案件を立ち上げます。

募集内容には先に取り上げたように、記事数や文字数、納期、報酬を盛り込んでください。なお、クラウドソーシングは手数料が差し引かれて報酬を支払うため、手数料分を報酬に含めるのか別にするのか、検討しておきましょう。

なお、応募者の能力がわかるように、これまでの作品を提出してもらったりテストを行ったりしてみてください。

SNSの活用

昨今、SNSのユーザーが増えているため、SNSでの外注スタッフの募集も有効です。ハッシュタグをつけて、ライター募集をつぶやいてみるといいでしょう。

応募者の選定はクラウドソーシングの場合と同様であり、過去の作品提出やテストを課してみましょう。

プラットフォームでライターをみつける

「ココナラ」などのプラットフォームは、自らのスキルを販売できます。そういったプラットフォームで「ライティングを行います」などと売り出しているライターを探してみてください。

注意点としては、予算とマッチするかどうかがあります。めぼしいライターが居たら、メッセージ機能でやり取りをして報酬などのを決定するようにしましょう。

外注スタッフの育成・管理方法

ここでは、外注スタッフの育成や管理方法をご説明します。

研修期間や試用期間を設ける

前述のとおり、ライターなどの外注スタッフを募集するときはテストライティングを実施してみてください。そこで合格と判断しても、試用期間を設けるとスタッフの育成につながります。

採用後、5~10記事くらいは試用期間を設け、適性を判断してから継続依頼を検討してください。また、ライターの意欲やスキル向上のために報酬アップの制度や仕組みを考えるのもいいでしょう。

マニュアルを用意する

外注スタッフに「何をしてほしいか」を伝えるために、マニュアルを用意してください。マニュアルには以下の内容を盛り込むといいでしょう。

・サイトの紹介
・トンマナや表記ルール
・ペルソナ
・キーワード
・記事を読んだ読者にどんな行動をとってほしいか
・記事作成のスケジュール
・画像の有無
・報酬について

以上のなかで大事になるのは、ペルソナとキーワードです。誰を対象としているのか、しっかりと外注スタッフに浸透させることが希望通りの記事制作につながります。

連絡体制の明確化

連絡体制の明確化も重要なポイントです。記事制作の流れのなかで、どの工程にきたら連絡をするのかなどを明確にしておきましょう。

記事執筆だけを依頼するのであれば、完成後に連絡してもらうだけでいいでしょう。しかし、構成もお願いするならば、構成が仕上がった段階で連絡をもらって目を通す必要があります。

また、外注スタッフからの質問に迅速に対応できるよう、チャットツールを使うことも大事です。

アフィリエイト記事を外注してみよう

アフィリエイト記事の外注化は、収益を自動化できる手法です。しかし、誰が行っても成功するわけではなく、事前の準備や外注後の管理が大事になります。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ、アフィリエイト記事の外注化に取り組んでみてください。

※無料で登録できます。

>>サイト売買コンサルタントに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。

Originally posted 2020-12-17 17:56:49.