サイトの記事作成を外注化!アドセンスで収益を上げるための方法

2021.02.17

ウェブサイト運営方法のひとつとして、記事の外注化があります。
外注は、サイトの収益を増やしたい人にとっては非常に有効な手段です。

「サイトの収益を伸ばしたいが、有効な方法がわからない」
「サイトの規模を大きくしたいが、リソースが足りない」

等のサイト拡大を目的とした理由や、

「子供が生まれたことで執筆ができない」
「本業・学業が忙しくなった」

等の理由で更新が滞ったものの、収益の発生しているサイトは手放したくないというサイト運営者は珍しくありません。

本記事では、アドセンスで収益を伸ばしたいが、リソース不足・スキル不足で悩んでいる人を手助けしてくれる外注化について解説していきます。

外注することのメリット

ウェブサイト収益を増やす方法は様々ですが、そのひとつとして「記事の外注化」があります。

もちろん個人ですべての記事を賄っているサイトもありますが、安定した収益を得ているサイトは、外注によって記事を量産している場合が多いです。

自分でできることを人に依頼する必要はあるのか? 
と思われるかもしれませんが、運営するサイトのPV数を増やすため、そして長く存続させていくための手段として非常に有効です。

この段落では、サイト記事の外注における様々なメリットをご紹介致します。

外注なら自分の苦手なテーマも取り扱える

自分に専門的な知識はないけれど、興味のある分野や、流行りの分野を取り扱ったサイトを運営してみたいと思ったことはないでしょうか?

記事を外注することで、自分の詳しくない分野でも専門的な記事を作ることが可能です。

ウェブライターは数多くいますが、それぞれの得意分野は異なります。流行りの分野を取り入れるのが得意な人もいれば、ひとつのテーマを何年も書き続けている人もいます。

発注者側がいま必要としているスキルはどういったものなのか、はっきりと認識していることが大切です。

工程の一部分を任せることもできる

記事の外注というと「記事執筆」を依頼するイメージがありますが、それ以外の工程を任せることも可能です。

例えば、外注でサイトの記事を更新するまでに下記の工程が考えられます。

・キーワード選定
・執筆依頼
・執筆
・進捗管理
・校正
・納品
・記事更新

これらの工程の内、「キーワード選定」「進捗管理」「校正」などに特化した外注を雇うことで、サイト運営者の負担を大きく減らせます。

すこしずつ外注の割合を増やし、ゆくゆくはほとんど手間をかけずにサイトを運営していくという方法もあります。

空いた時間を使ってビジネスの領域を広げてみたり、着手できなかった勉強にあてることも可能です。また、子どもと過ごす時間を増やしてみたり、プライベートの充実を図るのもよいのではないでしょうか。

失敗しないための記事発注方法とは?

外注がいくら効率的とはいえ、初めて外注をする時は不安も多いものです。

この段落では、外注を依頼する際の注意点について紹介していきます。

発注者に求められるのはマネジメント能力

外注をするにあたり最も重要となるのは、発注者と受注者のコミュニケーションです。

同じテーマ、同じキーワードを選定していても、人によって書く内容は大きく異なります。

ほとんどの場合が対面ではなく遠隔で行われるからこそ、「こちらが求めているものは何なのか」、「相手ができること・やりたいことは何なのか」を把握する能力が求められます。

チャットツールやメールを有効活用して、積極的にコミュニケーションをとることを心がけましょう。

執筆用のマニュアルを用意する

自分のサイトを長く運営していくにあたって、何人もの人と契約を結んだり、契約者が変わっていく可能性を考えなければなりません。

人によって書き方は様々で、マニュアルがなければその都度説明する必要が生まれてしまいます。また初めの内は、伝え漏れなどにより修正の手間が発生してしまいます。

そういったリスクを回避し、スムーズな意思伝達ができるよう、まずは執筆のためのマニュアルを整えましょう。

マニュアルがあることで受注者側の負担も減り、良好な関係を築くことに繋がります。

クラウドソーシングの種類について

この段落では、様々なクラウドソーシングの種類について紹介していきます。

1.クラウドワークス
「クラウドワークス」は、クラウドソーシングサービスの最大手です。
事務作業の発注、デザインの発注、HP作成の発注など、業務の種類は200種類に上ります。ユーザー数も300万人いるので、業務の幅が広い場合でも、求める能力に適した人材が見つかりやすいサービスです。
▼HPリンク
>クラウドワークス

2.ランサーズ
「ランサーズ」もクラウドソーシングサービス大手の、オンライン外注依頼サイトです。
マーケティング活動や営業活動など仕事の種類も多く、ランサーズを介した法人契約も可能です。
▼HPリンク
>ランサーズ

3.ビズシーク
「ビズシーク」は業務依頼時に、「コンペ式(成果物をそのまま提出)」と「プロジェクト式(最初に作業計画や見積もりを提出)」の2種類を選べます。
事前に本人確認を行うため、安心した取引をすることができます。
システム手数料が業界最安となっているため、発注時の負担も小さいです。
▼HPリンク
>ビズシーク

4.JobUni
「JobUni」は学生のっクラウドワーカーに特化したサービスです。
必要以上の専門性は求めていないが、一時的なリソースを補いたいときに有効です。
支払いは時給制で、一律1500円となります。
▼HPリンク
>JobUni

5.Craudia
「Craudia」は毎月の登録数が1000人を超える大手クラウドソーシングサービスです。
取引方式として「タスク方式」「コンペ方式」「プロジェクト方式」「時間制方式」の4種類があり、業務に合わせたスタイルを選ぶことができます。
▼HPリンク
>Craudia

外注の源泉徴収について

クラウドソーシングにおける源泉徴収の扱いについては注意が必要です。

源泉徴収の条件は非常に複雑で、どういった場合に発生するのか判断に迷われている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、クラウドソーシングサービスを利用していたとしても、源泉徴収の義務は発注者に発生します。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの大手クラウドソーシングサービスを展開する企業は、あくまで発注者と受注者の仲介を担っている立場であり、源泉徴収のやりとりは受発注者間で行うとしています。
▼参考
クラウドワークスの源泉徴収に関するページ

また、源泉徴収の有無は受注者が個人か法人かによって異なり、さらに発注した金額によっても変わります。

詳しい区分は国税庁のホームページに記載されているので、そちらをご確認ください。
▼参考
国税庁HP_源泉徴収が必要な報酬・料金等とは
▼参考
国税庁HP_原稿料や講演料等を支払ったとき

まとめ

外注は、収益の少ないサイト・すでに安定した収益を得ているサイトを、大きく成長させることのできる有効な手段です。

サイト収益を効率的に上げていきたいと考えている方は、ぜひ外注という選択肢を考えてみてください。

また、収益の伸びたサイトはサイト売買サービスにて売却することも可能です。

サイトを売却する場合は、サイト売買サービスで実績のあるGrowth M&A(グロースM&A)を活用するのがおすすめです。

個人間での交渉が難しいサイト売買も、Growth M&Aを利用すれば安心して取引を行えますので、興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

※無料で登録できます。

>>サイト売買コンサルタントに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。

Originally posted 2020-12-11 17:13:10.