これで安心!WEBサイトの運営に必要な基礎知識とフローを紹介

2020.09.03

これからWEBサイトを運営したいと考えている人のなかには、どうやって運営していけばよいのかわからずに不安を感じている人もいるかと思います。WEBサイトを運営するためには、専門用語の理解だけでなく、サイト開設後のメンテナンスなどを含んだある程度の事前知識が必要です。この記事では、WEBサイトの運営をするにあたって覚えておきたい基礎知識とフローをわかりやすく紹介します。ぜひ参考にしてもらって、スムーズにサイト運営を始めましょう。

1.WEBサイト運営での基礎知識

webサイト運営をするために必要な覚えておくべき用語とその意味を解説します。まず、「ドメイン」です。ドメインとは、インターネット上での住所にあたります。URLの「http://」のあとにつづく部分がドメインです。たとえばサイトのURLが「http://◯◯◯.com」であれば「◯◯◯.com」がドメインになります。つづいて「サーバー」ですが、サーバーはインターネット上での土地だと考えてください。サーバーという土地の中に建てられた家が「サイト」です。土地がなければ家は建てられないのと同じように、サーバーがなければサイトを開設することはできません。

また、ドメインやサーバーを取得したあと、サイトを構築していく際に必要になるのが「CMS」です。CMSは「コンテンツ管理システム(Content Management System)」のことで、WEBサイトの管理や更新をするために使用します。アメブロなどの無料ブログサービスと違って、自分好みにデザインを自由にカスタムしたり、さまざまなプラグインを導入してオリジナルのサイト作りをすることが可能です。無料で利用できるCMSはWordPressやJoomla!などが有名ですが、誰もが自由に使えて改良や再配布も可能なCMSであるため、ある程度のスキルとセキュリティ対策が必要になります。有料だとJIMDOやEC-CUBEなどが有名です。サイトを管理していく上で、必要な機能やサーバーが最初から用意されているCMSもあります。サポート体制が整っている有料CMSは、初心者やWEBの知識があまりない人には特におすすめです。

ほかにも、よりよいサイトを作るために必須である「解析ツール」も覚えておきましょう。有名なのはGoogleが提供する「Googleアナリティクス」です。解析ツールを使うことで、自分のサイトへのアクセス数やユーザーが調べた検索ワードなどを解析することができます。また、セキュリティリスクを減らし、ユーザーに信頼できるサイトだと思ってもらえるために必ず発行したいのが「SSL証明書(独自SSL、SSLサーバー証明書)」です。ユーザーの個人情報などを暗号化して、万が一情報が漏れてしまっても大丈夫な状態でサーバーとパソコン間の通信を行います。なおSSL化されたサイトのURLは「http:」ではなく「https:」から始まり、鍵のマークがついていることが特徴です。

2.WEBサイトを運営するための準備とは?

WEBサイトを運営するためにどんな準備をしておくべきかを説明します。
まず、WEBサイトの方向性の設定です。WEBサイトの種類は大きくわけると、収入を目的としたもの、自分をアピールして活動の幅を広げるためのもの、日々の生活をつづる日記のようなものの3つです。方向性を事前に決めておくことで、必要なツールの導入やサイトデザインをスムーズに行うことができます。また、サイトの内容は、ひとつのジャンルやものを専門に扱っていく特化型にするのか、さまざまなジャンルやものを扱う総合型にするのかも決めておきましょう。たとえばファッションサイトであれば、ひとつのブランドに特化するのか、ブランドにこだわらずファッションに関する知識なども含む総合的なサイトにするのかなどです。
サイトの方向性と内容が決まったら、ドメインとサーバーを取得しましょう。ドメインは「お名前.com」や「muumuuドメイン」などが有名です。人気の.comや.netのドメインを年間1000円前後で購入することができます。サーバーは「エックスサーバー」や「ロリポップ」などが有名です。こちらは料金がピンキリですのでよく比較してから導入するようにしましょう。ドメインとサーバーが用意できたら、「WordPress」などのCMSを利用してサイトを構築し、SSL証明書も発行してください。ここまでくれば、WEBサイトを運営するための環境が整った状態です。

3.WEBサイトの運営に必要な3つのこと

WEBサイトを運営するための環境が整ったところで、さっそく運営をしていくことになります。WEBサイトを運営していく上で必要なことは、記事の更新、アクセス解析、分析の3つです。詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.WEBサイトの運営で必要なこと1:記事を更新していく

まずは記事をたくさん書きましょう。記事数が少ないと検索結果の上位に現れにくい傾向にあります。また、記事の更新が少ない場合でも検索順位は下がるため注意が必要です。より多くのユーザーにサイトに訪れてもらうためにも定期的に更新を行っていきましょう。記事を精力的に増やすことで生きたサイトになり、質の高いサイトへと成長していきます。

3-2.WEBサイトの運営で必要なこと2:アクセス解析をする

WEBサイトの運営をしていくなかでアクセス解析は非常に重要です。アクセス解析によって、WEBサイトにどれくらいのアクセスがあるのかや、どの記事にアクセスが多いのかなどを把握することができます。ほかにも、性別や地域などを分けたユーザー層の解析や、よく検索される人気のキーワードなども見ることが可能です。

3-3.WEBサイトの運営で必要なこと3:定期的に分析をして改善していく

アクセス解析をした情報をもとに定期的に分析を行いましょう。まずはアクセスが集まっている記事とアクセスが少ない記事を比べて、改善点を洗い出します。アクセス数を上げるためにSNSを利用して告知をしてもよいですし、広告を貼る場所を変えるなどをしても有効です。ほかにも掲載画像を変えたり、コンテンツの整理もしてみましょう。よく検索されている人気のキーワードを解析し、タイトルや見出しに盛り込むなどの方法もあります。

4.WEBサイト運営を行う頻度は?

WEBサイトの更新は毎日こまめに行うとよいです。前項でも説明したとおり、記事の更新が多ければ多いほど検索上位にあがりやすくなり、ユーザーからの信頼も獲得できます。また、解析ツールも効果的に利用して積極的にコンテンツ作りを行うことでサイトの質も上がっていきます。ただし、毎日必ずやらなければならないというわけではありません。頻度が多いに越したことはありませんが、無理をして途中で挫折してしまうよりも、自分の生活スタイルに合わせて余裕を持った頻度で更新するようにしましょう。継続をすることがなによりも大切ですので、たとえば月に◯回更新するなどの目標を持っておくと、サイトは確実に育っていきます。

5.WEBサイトを買う方法もある!

WEBサイトの運営をするためには、自分でゼロからサイトを作る方法のほかに、すでに存在しているサイトを購入するという方法もあります。サイトを構築するには、かなりの時間と労力が必要ですが、購入する場合にはその手間を省くことが可能です。何より、すでに基盤ができているため、多くの場合は運営が楽になるというメリットがあります。

5-1.サイトが購入できるGrowth M&A(グロースM&A)の魅力とは?

WEBサイトの購入を検討している、もしくは興味があるという人には、WEBサイトの売買の仲介サイトである「Growth M&A(グロースM&A)」がおすすめです。WEBサイトの売り手希望者と買い手希望者がそれぞれに登録し、サイトの内容や取引金額などの条件が合うものがあれば交渉できる仕組みになっています。サイトの売買は難しそうと感じる人もいるかと思いますが、Growth M&Aには安心サポートや充実のバックアップ体制が整っているため初心者には特におすすめです。また、Growth M&Aは業界最安値である3%という良心的な手数料で取り引きが可能です。幅広いジャンルのWEBサイトを多く取り扱っているので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

6.より質の高いWEBサイトを運営していこう!

質の高いWEBサイトを運営していくためには、記事の頻繁な更新や解析、分析などのこまめなケアが必要です。収入を目的としたサイトであれば特に、最初の収益が発生するまでの道のりは長く根気が必要な作業であるといえます。質の高いサイトを短期間で目指すには、すでに実績のあるサイトを購入するという方法がおすすめです。サイトの購入を検討しているのであれば、Growth M&Aに登録してみてはいかがでしょうか。