ブログ初心者は雑記ブログでもアドセンス収入を得られるのか?【筆者体験談】

2021.02.17

近年では、「ブログはオワコン」という広告すら出てくるほど、個人ブログを収益化するハードルは上がりました。

筆者自身、個人ブログを始めたのは2019年9月です。

すでに「個人ブログの収益化は難しい」と言われ始めていた頃でした。

選んだ運営方法は「雑記ブログ」。テーマに縛られず、日常の経験を自由に発信するというもの。

当初、記事の書き方、ブログの作り方、SEO知識、パソコンスキルは一切ありませんでした。

では、実際にそんな初心者が、雑記ブログを書き始めて1年と数ヶ月後、アドセンス収入やアクセス数はどうなったのでしょうか。

今回は、雑記ブログの収益化について、リアルな体験談を紹介していきます。

「初心者がこれから雑記ブログを始めても、収入を得ることは可能?」
「実際に収益化できるまでには、どれくらいかかるの?」

このような疑問を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

雑記ブログで収益を得る方法について


引用:https://pixabay.com/ja/

雑記ブログを収益化させるためには、「広告収入」を得るという方法があります。

その中で、とくに要となる収入源は、「Googleアドセンス」です。

Googleアドセンスとは

引用:https://www.google.com/intl/ja_jp/adsense/start/

Googleアドセンスとは、Googleが提供する広告型のサービスです。

運営するブログの、好きな場所、最適な場所に広告を配置することができます。

そして、ブログを読んだ方がこの広告にアクセスすることで、広告収入が発生する仕組みです。

広告の種類によって支払われる金額は異なり、平均値として「1クリック30円前後」と言われています。

広告は、サイトを訪れたユーザーに合わせてGoogleが自動的に最適化するため、広告コードさえサイトに組み込めば、手軽に収益化できるのが特徴です。

雑記ブログを収益化するなら、まずはこのGoogleアドセンスの審査に合格することが、最初のハードルとなるでしょう。

▼Googleアドセンスの審査に関するコラム記事はこちら
>>Googleアドセンスの審査で合格するために押さえておきたい5つのポイント

アフィリエイトとの違いは?

アフィリエイトの場合、宣伝をしたい企業が、ASP(アプリケーション サービス プロバイダ)と呼ばれる「広告配信を仲介する会社」に商品を登録します。

ASPは、登録された商品の広告リンクをブロガーに提供し、そこから商品が売れたら、報酬を支払う仕組みです。

Googleアドセンスとの大きな違いは、ブロガー本人が広告商品を選択するということ。

本来、ブログの方向性が決まっている運営者なら、「アフィリエイトサイト」として運営することで、ターゲット層を狙って収益化できます。

一方、雑記ブログの場合、アフィリエイト利用できるのは「自分が紹介したい商品」が中心です。

商品によってターゲット層が大きく異なるため、特化ブログに比べると収益性は低くなります。

筆者自身、収益はGoogleアドセンスと、自分が紹介したい商品の広告リンクによる成果報酬です。

実際に雑記ブログでアドセンス収入が支払われるまでの期間【体験談】


引用:https://pixabay.com/ja/

実際に初心者が雑記ブログを運営した場合、Googleアドセンス収入はいつ支払われるのでしょうか?

前提として、Googleアドセンスは、推定収益金額が8,000円以上に達しなければ、自身に振り込まれることはありません。

ここからは、サイトに広告を掲載してからの3ヶ月区切りで、経過報告をしていきます。
※推定金額の公開は禁止事項となっているため、あくまで目安としてご参考ください。

雑記ブログ運営2019年9月〜12月

2019年9月〜12月は、トータルPV数が約3,000PVでした。推定収益は数百円程度ですね。

ブログの更新頻度は、3日に1回くらいです。

更新する度にTwitterでブログ記事を紹介していたため、多少なりPV数が増加していました。

SNS導入がなければ、初回からここまで伸びることはなかったでしょう。

・分からないことは早めに解決するべき

大抵の基礎であれば、インターネットで調べることが可能です。

分からないことは、最初のうちに解決しておきましょう。

筆者の場合、「ブログの書き方、WordPressの設定、広告の貼り方」すら分からなかったので、先輩ブロガーに最低限の設定や基礎を教わりました。

知り合いにブログを運営している方がいるのであれば、積極的に相談に乗ってもらうのがおすすめです。

▼アドセンス広告の貼り方に関するコラムはこちら
>>WordPressブログにGoogleアドセンスを貼る方法やおすすめ位置について

雑記ブログ運営2019年12月〜2020年3月

2019年12月〜2020年3月、トータルPV数は約3,000PVです。

運営から半年では大きな変化が見られず、やや苦しい状況でした。

初心者は、このあたりで諦めてしまう方が多いようです。

・毎日更新を始める

アドセンスに関しても、ほとんど収益が得られていません。

そこで、少しでもコンテンツ数を増やすために、記事の毎日更新を始めました。

「コンテンツ数が増えても、質が高くなければ意味がない」というのは正論ですが、そもそもブログを書き慣れてすらいないのに、質の高いコンテンツを作ることができるでしょうか。

先輩ブロガーに相談した際には、「1000記事くらいまでは、練習のつもりで更新を続けたほうが良いよ」というアドバイスをいただいています。

「これが収益に関係あるか?」と言えば、おそらく関係はありません。

しかし、将来的に質の高いコンテンツを発信したいのであれば、良い経験になることは間違いないでしょう。

雑記ブログ運営2020年3月〜6月

引用:https://pixabay.com/ja/

2020年3月〜6月は、トータルPV数が約7,000PVにまで増加しました。

推定収益は3桁台ですが、コンテンツの増加に伴い、PV数は以前の2倍となっています。

・次第に上位表示される記事が増えてくる

雑記ブログ開始から9ヶ月目にして、検索エンジンで上位表示される記事が出てきました。

しかし、狙ったキーワードではないため、検索需要の低いニッチなキーワードがほとんどです。

このあたりからユーザーの検索意図を意識するようになり、検索ワードに合わせて記事を修正するようになります。

雑記ブログ運営2020年6月〜9月

2020年6月〜9月は、トータルPV数が約15,000PVでした。

前回から着実と、2倍ペースで収益・PV数共に伸び始めてきています。

雑記ブログを始めてから、ちょうど1年目ということになりますね。

・Webライターの仕事が相乗効果として現れ始める

2020年4月からは、本格的にWebライターとして仕事を始めるようになりました。

SEOライティングを学ぶことによって、自身の過去記事で修正できる点がたくさんあることに気付き始めます。

たとえ、SNSによるアクセス導入があったとしても、検索エンジンで上位表示されなければ、PV数は増加しません。

ニッチなキーワードを狙った雑記ブログとして、ライティングを意識するようになったのがこの頃です。

また、毎日更新をやめて、徐々に質の高いコンテンツ作りに切り替え始めます。

▼SEOライティングに関するコラム記事はこちら
>>【2021年】SEOライティングに最適な文字数や文章の書き方4選

雑記ブログ運営2020年9月〜12月

2020年9月〜12月は、トータルPV数が約2,0000PVでした。

PV数増加の要となる記事のカテゴリーがハッキリとしてきたことで、雑記ブログとして取り上げる内容が絞られてきます。

とはいえ、専門性の弱い雑記ブログではドメインパワーが弱く、競合性の強いキーワードで上位表示を狙うのは難しいです。

あくまでニッチなキーワードを中心に、日常の経験を発信し続けたことが、成果に繋がったのでは?と予測しています。

収益発生にかかった期間は1年3ヶ月!

雑記ブログを初心者が1から始めた場合、1年3ヶ月目にして、ようやくトータル収益が8,000円に到達しました。

副業としての効率で言えば、決して良いとは言えないですね。

しかし、直近の月間PV数は、約1万PVです。

最初は8,000円の収益を得るまでに、1年3ヶ月かかりましたが、現在は約2〜3ヶ月で8,000円まで到達できます。

全くの初心者でも、諦めずに挑戦し続けていれば、アドセンス収入を得ることは可能でしょう。

これから雑記ブログ運営を始めるブログ初心者へのアドバイス3選


引用:https://pixabay.com/ja/

最後に、これから雑記ブログ運営を始める初心者へ、アドバイスを3点紹介します。

1.最初の1年間は、練習のつもりで書き続けるべき
2.あくまで発信を楽しむことが、継続の秘訣
3.結果に繋げたいなら、分析・改善が必須

1.最初の1年間は、練習のつもりで書き続けるべき

記事中でも伝えましたが、雑記ブログは最初の1年間が大変です。よほどの経験者でない限り、飛躍的な収益は期待できません。

感覚が分からないうちは、記事の執筆に慣れることが重要です。

参考書や、他のブロガーさんの記事を見て、記事構成を真似してみるといいでしょう。

数字を気にするのではなく、「ユーザーにどうやって伝えるのか?」を意識して、発信をしてみてください。

2.あくまで発信を楽しむことが継続の秘訣

ブログが続かない理由のほとんどが、「結果に繋がらないから」です。

本記事の内容を読んで分かる通り、300記事以上書いて、収入が得られたのは1年3ヶ月後。

しかも収益が発生するのは、推定収益金額が8,000円を超えることが条件になります。

収益を見越してしまうと、まず気力が持ちません。

雑記ブログを収益化したいのであれば、まずは楽しんで続けることが継続の秘訣です。

3.結果に繋げたいなら分析・改善が必須

ただ闇雲にブログを書き続けても、結果はなかなかついてきません。

筆者の場合、Webライターの仕事をキッカケにライティングを学ぶ機会が多くなりましたが、副業で始めたい方は、そうも上手くはいかないですよね。

たとえ、ライティングの仕事ができなくても、Googleアナリティクスをチェックすれば、自身のブログを分析することは可能です。

・Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、サイトのアクセスを分析できるツールです。

自身のサイトを客観的に分析することで、ブログのPV数を高めるための戦略を考えることができます。

・どんなキーワードで検索されているのか?
・どの記事がPV数を高めているのか?
・さらにPV数を高めるために、よく読まれている記事を別キーワードで執筆してみよう!
・内部リンクで誘導して、関連記事へのアクセスを高めてみよう!

このように、分析・改善を繰り返せば、PV数は着実と増加していきます。

執筆に慣れてきたら、ただ記事を書くだけではなく、PV数を意識して書いていきましょう。

まとめ

引用:https://pixabay.com/ja/

今回は、ブログ初心者が雑記ブログを始めてから、収入が得られるまでの期間について紹介しました。

おそらく、多くの方が「1年3ヶ月も頑張ってそれだけ?」と、感じたでしょう。

「ブログはオワコン」と言われる時代では、個人ブログの運営はかなり難しくなっています。

しかし、数十万、数百万の収益化は難しくても、月に数万円の副業としてなら、初心者でも十分に可能性があります。

自身の経験を好きなように発信して、コツコツと収益化していきたいと考えている方は、ぜひ雑記ブログに取り組んでみてはいかがでしょうか。

また、「個人ブログを運営してきたけど、そろそろ売却したい」と考えていた方は、Growth M&Aで専門家による安心・安全なサイト売買が可能です。

ぜひ、ご検討ください。

※無料で登録できます。

>>サイト売買コンサルタントに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。

Originally posted 2021-02-10 16:46:46.