キャッシング比較サイトを見る前に!覚えておきたい特徴と注意点を紹介

2021.02.17

「お金が急に必要になったけど、給料日まで遠い・・・」
「キャッシング比較サイトを見ても、どこがいいのかわからない」

現金が必要な時、キャッシングサービスを利用している人は多いかと思います。しかし、キャッシングで検索をかけるとクレジットカードもあれば、アコムやプロミスなどの消費者金融も出てくる。実際どこで借りるのがベストなのか、よくわかりませんよね。

しかし適当に選んでは、後々返済に苦労することになります。そこでこの記事では、キャッシングの特徴やメリットについて紹介し、注意点もあわせて解説しています。キャッシング比較サイトを見る前に、ぜひ参考にしてください。

まずはキャッシングについて知ろう

キャッシングとは、「クレジットカード・消費者金融・銀行から現金を借りられるサービス」のことです。一般的にクレジットカードにキャッシング機能が付帯しているもの、アコムやアイフルなどの消費者金融・銀行から借りられるものの2種類に分けられます。

借入の仕方・審査基準・金利などそれぞれに特徴があります。返済期間が長引けば、利息も増え、総借入額よりも大幅に返済しなければいけません。きちんとした返済計画を立てたうえで、無理のない金額の借入を心がけましょう。

クレジットカード付帯のキャッシング

クレジットカードの申し込み時にキャッシング機能を希望すると、クレジットカード会社で入会審査が行なわれます。またすでにクレジットカードを持っているならば、後からキャッシング機能を追加することも可能です。

クレジットカードには「ショッピング枠」が設けられており、その中に「キャッシング枠」が含まれています。たとえばショッピング枠が50万円の場合、キャッシング額は20万円と低く設定されていますが、契約後申請すれば利用限度額の増減は可能です。また支払い方法は「一括払い」「リボ払い」の2種類で、リボ払いの場合は返済期間によって利息が変わるので注意しましょう。

クレジットカード付帯キャッシングのメリットとは?

キャッシング機能が付いているクレジットカードで借入するメリットは、主に以下の2つです。ではそれぞれ解説していきます。

  • ・コンビニやATMで借入が可能
  • ・海外でも借り入れができる


コンビニやATMで借入が可能

クレジットカードであれば、急にお金が必要になった時でも、近くのコンビニやATMで気軽に借入ができます。基本的には以下の操作だけなので、実際2~3分で終了します。

  1. ATMにクレジットカード挿入
  2. 暗証番号入力
  3. 一括払いorリボ払いを選択
  4. 現金を引き出す

ただし、ATMによっては取り扱っていないクレジットカードもあります。急な引き出しが必要になった時でも、スムーズに借入ができるよう事前に確認しておきましょう。

海外でも借り入れができる

クレジットカード付帯のキャッシングであれば、海外のATMで借入ができます。あらかじめ大量に現金を持ち歩く必要がなく、長期間旅行するならぜひとも利用したいサービスです。また為替は実勢レートで換算されるので、銀行での両替よりもお得になるケースもあります。

海外でキャッシングを行なう際は暗証番号を覚えておくこと、また夜間で人気の無い場所での引き出しは極力ひかえましょう。海外で現金を大量に持ち歩くのは危険です。一度に多く引き出すのではなく、必要になったら小まめに引き出すことをおすすめします。

クレジットカード付帯キャッシングの注意点!

何かとメリットの多いクレジットカード付帯キャッシングですが、以下のデメリットもあります。それぞれ理解したうえで、検討するようにしましょう。

  • ・金利が高い
  • ・利用枠が減ってしまう


金利が高い

クレジットカード付帯のキャッシングは、カードローンに比べて金利が高いです。以下クレジットカード会社の金利を比較した表を見ると、だいたい15.0~18.0%の間で金利は設定されています。

それに対してカードローンの金利は、平均的に2%~18.0%と最低金利が圧倒的に低いです。借入額によって金利は変わりますが、返済が長期にわたってしまうと、返済総額が多くなってしまいます。あとあと返済に苦しまないよう、借入前にあらかじめ利息の計算をしておきましょう。

借入しただけ利用枠が減ってしまう

最初の章でも「クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠に含まれている」とお伝えしました。たとえば、お手持ちのクレジットカードのショッピング枠が50万円で、キャッシング枠が20万円だとします。既にショッピングで40万円使用している場合、キャッシングは残りの10万円しか利用ができません。

もちろん借りた分を返済すれば、キャッシング枠は復活します。しかし、返済が遅れたり、滞納してしまうと、キャッシング枠が0円になるケースもあるので注意しましょう。

消費者金融・銀行系のキャッシング(カードローン)

アコムやプロミスといった消費者金融、UFJのバンクイックなど銀行から借入するサービスは、主にカードローンと呼ばれています。クレジットカード付帯キャッシングは借入限度額が数十万円と低く、対してカードローン限度額は数百万円と高いのが特徴です。

ただし、カードローンはショッピング利用ができず、現金を借りることに特化したサービスです。クレジットカードに比べて金利は低く設定されており、毎月の返済に苦労することもありません。早急に現金が必要になった時には、とてもメリットの多いサービスです。

消費者金融・銀行系のキャッシングのメリットとは?

クレジットカード付帯キャッシングよりも、借入しやすい特徴のある消費者金融・銀行系キャッシング。具体的なメリットは以下の3つなので、それぞれ解説していきます。

  • ・消費者金融は審査が通りやすい
  • ・保証人の必要なし
  • ・借り入れは何度でも可能


消費者金融は審査が通りやすい

クレジットカード付帯キャッシングは、クレジットカードを作らなければキャッシング機能を利用できません。しかしクレジットカードには収入に応じた審査が必要で、安定した収入が無ければ審査に通らないこともあるでしょう。それに比べて消費者金融のキャッシングは、借入限度額を決めるだけの場合が多く審査のハードルは低いです。

クレジットカードとは違い、パートやアルバイトでも安定した収入があれば審査は通ります。しかし、金融機関は年収の3分の1を超える貸付を行なえない「総量規制」が決められています。収入があまり高くない方は、利用限度額も低くなるので注意してください。

保証人の必要なし

住宅や車のローンを組む場合は、返済できない時のために保証人を立てるのが一般的です。しかし、カードローンは小口融資となるので、安定した収入を証明できれば保証人は必要ありません。過去にクレジットカードで滞納などのトラブルがない限り、比較的審査は簡単に通ります。

借り入れは何度でも可能

カードローンを組むとき、あらかじめ収入に応じて借入の限度額を設定します。返済すれば利用額が戻る仕組みなので、すべてを返済しなくても限度額内であれば何度でも借りることが可能です。

たとえば100万円の限度額で30万円借り、残りの借入額が70万円になったとします。毎月3万円の返済計画のところ、臨時収入を得てその月10万円返済しました。そうすると借入額は20万円となるため、借入限度額は80万円に戻るということです。

消費者金融・銀行系のキャッシング(カードローン)注意点!

メリットの多い消費者金融・銀行系キャッシングですが、以下のデメリットもあります。それぞれを考慮して、借入を検討するようにしましょう。

  • ・安定した収入が無ければ審査に通りづらい
  • ・返済期間が長くなると返済総額が増える
  • ・他のローン組みに影響する


安定した収入が無ければ審査に通りづらい

消費者金融のキャッシングは審査のハードルが低いとお伝えしましたが、金融機関なので安定した収入が無ければ審査を通るのは難しいでしょう。しかし、アルバイトやパートでも安定した収入と判断されます。審査の際には、毎月収入があると証明できるモノ(収入証明書や通帳のコピーなど)を用意しておきましょう。

しかし、50万円以下の小口融資であれば、審査を必要としていない消費者金融もあります。ただ、安定した収入がない限り毎月の返済を行なうのは難しく、滞納してしまうと後々のデメリットもあるので気をつけてください。

返済期間が長くなると返済総額が増える

キャッシングの借入には利息が発生して、返済期間が長引けば返済金額も多くなってしまいます。以下が利息額の計算式なので、これに当てはめて考えてみましょう。

利息額=金利(年率)×借入金額×借入日数÷365日

たとえば、金利が18%だとして、50万円を借りたとします。

パターン① 返済日が30日の場合
18%×50万円×30日÷365日=7,397円

パターン② 返済日が1年(365日)の場合
18%×50万円×365日÷365日=90,000円

このように返済日が1か月から1年に変わるだけで、返済総額が10倍以上も多くなってしまいます。そのため最初の時点で利息を計算して、なるべく一括で払える金額を借入するようにしましょう。

他のローン組みに影響する

返済計画を立てずに借入してしまうと、返済が長引いて支払いを滞納してしまう可能性があります。また返済期間が長くなるとそれだけ利息も増えるので、返済が難しくなります。返済を滞納すると、信用情報に返済情報が記録されてしまい、利用した金融機関はもちろん、他のローン会社の審査にもマイナスの影響が生じます。

また借入限度額の範囲内であれば、何度も借入できると紹介しましたが、滞納が重なると追加融資も行なえなくなります。消費者金融・銀行のキャッシングは審査ハードルが低いぶん、あくまで信用が全てです。後々困らないためにも、しっかり返済計画をたて、無理のない借入を行ないましょう。

まとめ

今回はキャッシングについての特徴と注意点を紹介しました。この記事を参考に計画的な返済を心がけて、無理のない借入を行ってください。

また私たちGrowth M&Aは、サイト売買に特化したサービスを提供しております。最近では初期投資も安く誰でも始めやすいため、ブログやアフィリエイトを行なっている人が増えています。そしてサイトからの直接的な収入だけでなく、ある程度育ったWEBサイトは高値で売却することも可能です。

現在も色んなサイトが売りに出されているので、どんなサイトがあるのかチェックしてみるのはいかがでしょうか?新たな収入源を増やすためにも、ぜひ一度覗いてみてください!

※無料で登録できます。

>>サイト売買コンサルタントに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。

Originally posted 2021-02-10 16:45:55.