サイト売買の相場を知りたい!成功させる価格設定や注意点を解説!

2022.04.21

サイトの売却を検討している人にとって、売買の相場や価格設定が気になるところでしょう。また、サイトの売却方法や注意点も知りたいと考えると思います。

そこで、この記事ではサイト売却を成功させる価格設定や注意点をご説明します。サイト売却を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

サイト売却のメリットとデメリット

はじめに、サイト売却のメリットとデメリットをご説明します。

メリット

サイト売却には以下のように、様々なメリットがあります。

・売却による前倒しの収入が得られる
サイト売却の最大のメリットは、先々の収入を前倒しで得られることです。サイトの売却金額は1~2年分の売上げが相場となるため、まとまった金額が入ってくる可能性があります。

・サイト運営の業務から開放される
サイト運営で収益を継続的に得るには、定期的なコンテンツ投稿を中心にユーザーの満足度を上げることが大事です。そのために様々な業務があり、多くの時間と労力が必要となります。サイト売却を行うことで、それらの業務ストレスから開放されます。

・新規事業に着手できる
サイト売却で得た資金と時間や労力は、新規事業に活かすことが可能です。一般的に新規事業を始めるには金融機関からの借入や、クラウドファンディングによる資金調達が必要となります。その手間を省いて新規事業に着手できることはサイト売却のメリットでしょう。

・サイトを後継者に引き継げる
特に長い年月をかけてサイト運営をすると、愛着がわいてきます。そのため、簡単に閉鎖することは非常にもったいなく感じるでしょう。

しかし、サイト売却ならば何らかの理由でサイトを手放すことになっても、買い手に運営を譲渡できます。愛着のあるサイトを閉鎖しなくて済むことも売り手のメリットではないでしょうか。

以上がサイト売却のメリットとなります。

デメリット

サイト売却を検討しているときは、以下のデメリットも把握しておきましょう。

・売却相手探しが難しい
サイト売却の際は、買い手を探すことが難しくなっています。うまく買い手をみつけても、やり取りがうまくいかないとトラブルが起きやすいです。また、サイト売買のプラットフォームを利用するときも、良質な買い手であるかの判断が難しい場合もあります。プラットフォームを利用してサイト売買をするときは、実績を重視して選んでみましょう。

・契約関係のトラブル
プラットフォームなどを利用すると、誰もが気軽にサイト売買が可能です。しかし、個人間でのやり取りはトラブルが起きやすくなります。契約関係、売買成立後のトラブルが特に目立つため、専門知識をもつ専門業者を仲介したほうがいいでしょう。

・手続きが面倒
サイト売却は買い手と売り手のマッチングや査定、契約、譲渡といった長期的なプロセスがあります。サイトの売却を検討している人は、いち早く売りたいと考えるため長い手続きが面倒に感じることも多いでしょう。

・売却価格が希望通りにならないことがある
サイト売却は売り手の言い値で買い取られることがほとんどありません。高値で売りたいがために自分の主張だけをしていると、買い手が一向に現れないでしょう。また、専門分野に特化しているサイトやマイナーな商品を取り扱うサイトなど、ニッチ分野のサイトはニーズが少ないため買い手がみつからないことも考えられます。

以上がサイト売却のデメリットです。

サイト売却のジャンル別相場

ここからはサイト売却のジャンル別相場をご紹介します。

アフィリエイトサイト

アフィリエイトサイトの売却相場は「月間営業利益の7~20ヶ月分」です。ただし、アフィリエイトサイトの場合、扱っている商材がポイントとなります。

誰もが知っている商品を取り扱っていて、今後の収益が見込めそうなサイトは価値があります。また、サイト売却全体にいえることですが、被リンク数も大事です。被リンク数が多いサイトは、信頼性も高いため相場よりも高値がつく可能性があります。

被リンク数が多く、良質なアフィリエイトサイトは月間営業利益の2~3年分で取り引きされることも珍しくありません。

マッチングサイト

マッチングサイトの売却相場は「月間営業利益の24~36ヶ月分」です。マッチングサイトを開設するには、かなりの時間と費用がかかります。そのため、既に完成されたマッチングサイトを購入する企業が多く、需要が高くなっています。

個人が運営しているマッチングサイトであっても電話受付や営業の人材が必要となり、売却を検討するケースがあります。企業であればその辺りの課題がクリアできるため、マッチングサイトは個人が売却して企業が買い取ることも多いです。

ECサイト

ECサイトの売却相場は「月間営業利益の10~24ヶ月分」です。ECサイトは買い手にサイトだけではなく、在庫、仕入れ先、商標権、顧客リスト、運営ノウハウを譲渡することが一般的です。

ですから、コンテンツサイトよりも譲渡に関するハードルが高いといえます。しかし、一定の月間営業利益が担保されていたり伸びしろがあるサイトだったりすると、高値につながります。特にブランディングがしっかりとできている場合や集客力があると、月間営業利益の30ヶ月分で取り引きされることがあります。

ポータルサイト

ポータルサイトの売却相場は「月間営業利益の36~60ヶ月分」です。サイト売買において、ポータルサイトは最も相場が高いジャンルとなります。その理由は、マッチングサイトの構築よりも多くの時間や費用がかかるからです。

無料でイラストや写真がダウンロードできるポータルサイトなど、利用者や会員数が多い場合は高値になりやすいでしょう。

ブログ

ブログの売却相場は「月間営業利益の7~30ヶ月分」です。良質なブログになるほど被リンクを集めやすいため、アフィリエイトサイトと同様で市場価値があります。また、アフィリエイト広告を全く入れていないブログは、伸びしろの面から高値になることも多いです。

しかし、ブログのテイストや記事内容があまりにも個性的になると、買い手が敬遠するでしょう。加えて、個人所有にならない無料ブログは譲渡ができないため、ご注意ください。

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネルは、利用規約により譲渡ができません。名義変更で運営者を変えることは可能ですが、アカウント停止などのリスクがあるため他者に売却や譲渡はしないようにしましょう。

売上げがなくても売却は可能
ここまで様々なサイトの売却相場をご紹介しました。月間営業利益で表現しているように、収益化できているサイトは売買する価値があります。

一方で「売上げがないけどサイト売却がしたい」と考える人もいるでしょう。

結論をいうと、売上げのないサイトであっても売却は可能です。アクセスが多い、集客力がある、ニーズの高いジャンルを取り扱っているなど、今後の収益性を満たしていれば買い手が現れるでしょう。

アクセスが多いなどドメインパワーの強いサイトにするには、時間や費用、専門知識が必要です。そのため、営業利益が出ていなくても買取り後に育てて、収益化する個人や企業が多くなっています。売上げが出ていないからといって、サイト売却をあきらめる必要はないでしょう。

サイト売却の流れ

ここからは、サイト売却の流れを個人サイトと企業サイトにわけてご説明します。

現在のサイト売却の状況

サイト売却の流れを説明する前に、現在の市場状況をみていきます。

サイト売却で多いのは個人サイトですが、最近は企業が保有しているWebサイトの売却も増えています。また、国内のサイト売買市場は、売り手が多く買い手が少ない傾向が続いています。

しかし、Googleのコアアップデートにより検索順位が変動するなど、サイトに対する評価は難しい面もあります。サイト売却でまとまった収入を得たいと考えるならば、それらの要素を加味して譲渡するタイミングを計ることも大事でしょう。

個人サイトの売却の流れ

個人サイトを売却するときの流れは以下のとおりです。

1.サイト売買の専門サービスに登録
2.サイトの査定、出品
3.買い手と取引が成立
4.売却金額の受取

以上の流れを参考に、サイト売買のサービスを利用してみましょう。

企業サイトの売却の流れ

企業サイトを売却するときは、個人間の売買よりも手続きが複雑になります。そのため、M&A仲介業者を活用することが一般的です。

1.買取りオファーを受ける
2.買取り条件を確認して、M&A仲介業者に交渉を依頼
3.サイトの査定
4.買い手との面談
5.事業譲渡契約を結び、売買が成立
6.売却金額の受取

企業サイトは個人間のサイト売買よりも長期化するため、余裕をもった売却計画を立てましょう。

サイトを高値で売却する4つのポイント

サイトをできるだけ高値で売却するには、以下の4つのポイントを意識しましょう。

アクセス数や収益力を高める

アクセス数やPV数が多いほど、サイトの価値が高まります。アクセス数が増えれば、収益性も高まりさらなる価値の上昇が見込めるでしょう。

そもそもアクセス数が多いサイトは、ユーザーに評価されていることを意味します。また、アクセス数やPV数は、Googleアドセンスなどのクリック型で課金される広告の売上げに直結します。

収益性が高いサイトは、買い手の投資金額を早く回収することにもつながるためメリットがあります。それだけ買い手には人気があるということです。

アクセス数を増やすには、良質なコンテンツをつくることが最も重要です。読者が求めていることを深く調査して、記事にしていきましょう。

信頼できるサービスを選ぶ

サイト売却をする際は、ほとんどのケースでマッチングサイトやオークションサイトなどのプラットフォームを利用します。無料で使えるサービスもあれば、有料のサービスもあります。

サイト売買のサービスを選ぶときは、信頼性の高いプラットフォームにしましょう。信頼できるサービスとは、これまでのサイト売買の実績が豊富であったり、ノウハウを発信してるものです。実績が豊富なサービスは、売り手・買い手の双方がなるべく損をしない交渉を重視してもらえる可能性が高いため、積極的に利用しましょう。

買取り意欲の高い買い手を見つける

サイト売却時には、複数の買取りオファーをもらうことも考えられます。複数のオファーがあると、どの買い手に売却するか悩むものです。

その場合は、買取り意欲の高い人を優先しましょう。買取り意欲が高いと、取り引きがスムーズに進むことが多く、売却金額の受取も早まります。

また、売買にあたり売り手とコミュニケーションをとる場面があります。そのなかで、違和感がない相手かどうか、レスポンスが早いかどうか、売却予定のサイトへの理解力があるかどうかなどを見極めていきましょう。

早期売却を希望するときは相場以上の価格にしない

できるだけ早くサイト売却をしたいときは、相場以上の価格にしないようにしましょう。サイトの集客力や収益性などに自信があっても、相場以上の価格にすると買い手に割高感を与えてしまいます。

相場を知るには、売却予定のサイトと類似したサイトをみつけて価格を参考にしましょう。相場相応の価格設定にすると、安く売ることも防げます。

サイト売却時の注意点

サイト売却時には次のことに注意しましょう。

サイト売却の可否と競合条項を確認

サイト売却ができるのは、自らが運営しているサイトのみです。無料ブログやショッピングモール内の出店サイトは、運営元が所有権を保有しています。

また、無料ブログのほとんどはサイト売却を禁止しています。アクセスやPVを集められる場合は、無料ブログからの移転なども検討しましょう。

それから、サイト売買時の契約などで競合条項の内容が具体的であるか確認が必要です。一般的にサイト売却後に売り手が新たな競合サイトの構築を防ぐために、競合条項を作成します。

その際はどこまでが競合になるのか、確認することが大事です。それにより、売却後のトラブルを防ぐことができます。

買戻契約の確認

サイト売却の過程で買い手とトラブルが発生すると、買戻契約により売却したサイトを買戻す必要があります。買戻しは売り手にとって痛手となるため、買戻契約が設定されているかどうか、設定されているならばその内容を必ず確認しましょう。

売り手の責任範囲を確認

サイト売却の一連の流れが終了しても、その後の責任範囲にも注意しましょう。売却したサイトに薬機法違反や著作権違反などがみつかると、買戻契約とセットで売り手に責任が及ぶ場合もあります。

買戻契約の内容確認と同時に、責任範囲もしっかりとチェックしておきましょう。

本当の数値を公表する

アクセス数やPV数、収益額の多いサイトは高値がつきます。しかし、売上高やアクセス数を虚偽により高く設定することは絶対にやめましょう。

買い手がサイトの情報を査定するときは、解析ツールの閲覧権限を与えることになります。当然のことですが、正確なデータを公表しないと信頼されないため注意が必要です。

サイト売却の成功事例5選

ここでは、サイト売却の成功例として5つの事例を紹介します。

Qiita

エイチーム株式会社は、2017年12月にプログラマーコミュニティサイト「Qiita」を運営するIncrements株式会社の全株式を取得して、子会社化しました。エイチームは「Qiita」の買収により、新事業の展開を加速できるとの見通しでM&Aを実施しました。

「Qiita」はユーザー数やPV数に優れる質の高いサイトであり、売却価格は14億5,300万円となりました。この事例は企業間の事業譲渡ということもあり、高額な売却額となっています。

資金調達プロ

「資金調達プロ」は株式会社ユービジョンが運営するアフィリエイトサイトでしたが、2018年11月に株式会社セレスが資金調達プロを買い取りました。それまでの資金調達プロは業務委託のスタッフだけで運営されており、資金調達というニッチな分野に取り組み、良質なコンテンツを配信してきました。

豊富なコンテンツが読者に好評であり、売却金額が6億2,000万円となっています。

TRIP

「TRIP」は株式会社LIGが運営する体験予約販売のプラットフォームです。事業主や個人と旅行者をマッチングするCtoCのプラットフォームとして成長が見込まれる事業でした。事業の担当者が不在であり事業譲渡が課題でしたが、埼玉県内のIT企業に事業譲渡されています。

なお、買収企業名や売却価格は非公開となっています。

株式会社ChoiseeのITガジェットメディア

株式会社Choiseeは宮城県仙台市を拠点にしている企業です。2016年からITガジェット系のメディアを運営していましたが、大阪の企業に売却しました。仙台と大阪の企業による売買契約でしたが、交渉から成約までリモート完結した事例です。

めしレポ

「めしレポ」は株式会社HITが運営するグルメ情報に特化したメディアでした。2019年12月に株式会社イードにより買収され、同社が運営を引き継いでいます。

なお、めしレポは複数のグルメ情報サイトの口コミ評価で高いお店を紹介ししています。最新のグルメ情報も頻繁に発信しており、競合性の高いキーワードにおいても上位表示されています。イードは競合に勝るメディアを買収して、より専門性を高めたメディア運営を目指しています。

サイト売却の相場や流れを理解しよう

サイト売却にはメリットやデメリットがあり、売却時も様々な注意点があります。特に売却価格の設定や買い手との契約書の取り交わしは慎重に行いたいところです。売却時に利用するサービスの選定なども大事な要素となります。

サイト売却は手続きなど煩雑な業務があるため、実績があり信頼できるサービスを選ぶことが大事です。Growth M&Aはサイト売買の実績が豊富であり、個人間で交渉が難しいケースにも対応してきました。Growth M&Aを利用していただければ、未経験の方でも安心してサイト売却ができます。興味のある人は、ぜひ検討してみましょう。

※無料で登録できます。

>>サイト売買アドバイザーに相談する
>>Growth M&A(リサイト)のご利用料金について
※完全成果報酬型で運営しているため、会員登録・相談料・案件掲載料などで料金が発生することはございません。

Originally posted 2021-01-20 18:34:36.